So-net無料ブログ作成
検索選択
--HP-AMP-1 ブログトップ
前の10件 | -

HP-AMP-1 トランスレス真空管ヘッドホンアンプの自作 [--HP-AMP-1]

20160924001.jpg

2015年11月に、ラジオ少年さんのHP-AMP-1、トランスレス、トロイダル電源トランス、真空管ヘッドホンアンプを

自作しました。

組み立てマニュアルがないので大変ですが、回路図があるのでちょっと敷居が高いですがキット内容としては

ガラスエポシキ基盤に部品を半田付けするので、それほど難しい物でもありません。

初心者から脱出する為には、これぐらいで良いとも思えます。


http://www.radioboy.org/
NPO法人 ラジオ少年 

http://www.radioboy.org/HP-AMP-1/HP-AMP-1seisakuki.html
ヘッドホンアンプ HP-AMP-1 (残念ながらカタログ落ちで販売してません)

https://cqhamradiorgu.stores.jp/items/55842401391bb3500e0011ee
真空管ヘッドフォーンアンプキット ( Tube Headphone AMP Kit ) ケース無し。


http://ameblo.jp/powpher/entry-11158214473.html
トドお父さん通信

http://www.eonet.ne.jp/~k-matsu/hp-amp-1k.html
真空管ヘッドホンアンプ HP-AMP-1K の製作

http://www.eonet.ne.jp/~jg3ore/audio/hd-amp-1k.htm
ラジオ少年 HD-AMP-1K


便利なインターネット。先人達の自作は大変参考にさせていただきました。

特に電源スイッチのネオンランプの配線が解らず、参考にしました。


20160924002.jpg

サイドウッドならぬ、サイドタケ。サイドバンブーか?。

昔の電球のフィラメントに京都の竹がよいとか、どーとか。エジソンの伝記に書いてあったような。

真空管アンプと竹。

20160924003.jpg

部品と回路図の確認。

20160924004.jpg

中国製の棲龍館。整流管。

20160924005.jpg

中国の真空管。6F2 。全然知らない。

20160924006.jpg

ケースも小さい。真ん中にトロイダルコア電源トランス用の大きい穴。

20160924007.jpg

ガラスエポシキ基盤。なんだろう、普通の基盤とちょっとちがってテフロン加工のような表面処理かな?

20160924008.jpg

全体的にシャーシなシャシにバリがあり、100円のヤスリでバリとり。

20160924009.jpg

水で洗い流して、トイレットペーパーで拭き取り。

20160924010.jpg

カバーを剥がしますか。

20160924011.jpg

RCAコネクタ部、電源ケーブル部、ヒューズ、スイッチ、ヘッドホンコネクタ、ボリューム、

穴は綺麗に空いてます。 これも自作となるとメンドイな面倒なウンこなのよね。

出来るなら全部やった方がね。芸術作品になるね。

20160924012.jpg

ゴム足のネジ止め。マニュアルにケースの部品取り付けからの順番が推奨されてるので。

ってか、もう、1年前なので、忘れておりまする。

20160924013.jpg

サイドバンブーの取り付けがこれまた、かなりのクリチカルなクリティカル。

昔、D&D、ダンジョンズアンドドラゴンズにクリティカルヒットってあったけど、そんな感じ。

20160924014.jpg

手持ちのロングタイプのプラスドライバーを駆使しても無駄無駄無駄無駄。ディオか?

20160924015.jpg

逆に100円のショートドライバーで解決。

そういえば、ウィザードリーにもクリティカルヒットがあったような、、、。

昔の、PC系のRPGって呪文をキーボードで打ってたのよ。今では考えられない。

「KATINO」

20160924016.jpg

サイドバンブーの装着だけで、個人的には大騒ぎ。無事装着。

20160924017.jpg

トロイダルコア電源トランスの穴にバリが。カッターで綺麗にする。

20160924018.jpg

こんなもんでしょうか。

20160924019.jpg

よくよく考えたら、トロイダルコア電源の音って聞いた事がなかったかも。

凹んだ側でねじ止めするか、凸んだ側でねじ止めするか。悩んでる写真。

20160924020.jpg

ヒューズホルダーにヒューズを入れる。当たり前だ。

20160924021.jpg

トロイダルコア電源トランスを固定。真ん中のステーは、凹んだ側でだね。

20160924022.jpg

電源スイッチ、ボリューム、ヘッドホンジャックの確認。

20160924023.jpg

これもアルプスの21接点クリックタイプに換装してます。

キット付属は普通のボリュームがついてます。

20160924024.jpg

シャーシのパーツはOKそうなので、基盤の制作。


20160924025.jpg

ジャンパーの確認作業から。

20160924026.jpg

学習用キットっぽく、抵抗の乗数ごとに紙に刺さってます。

20160924027.jpg

回路図を参照しながら、抵抗の実装。 常に勉強ですな。

20160924028.jpg

余りにオッパイ状態の綺麗な半田。ついつい写真撮影。

20160924029.jpg

基盤がいいのかなぁ?。綺麗に半田がのります。

20160924030.jpg

部品実装は簡単に終了。 ヘッドホンジャックの装着に。

それにしても暗い所で作業しすぎだよ、俺。

このヘッドホンジャックの半田付けの場所によって信号がこない作りになってて、後で音がでなくて

大変苦労する事になる。

20160924031.jpg

入力部。ここも端子台を使用するようになってるけど、そうそういじらないとおもい直接半田付け。

ただ、このあと結構、開けたり閉めたりしてたら、案の定、この場所が接触不良で音が出なくなるトラブルが。

半田付け、プラス、ホットメルト、ホットボンドで固定がベストかも。

20160924032.jpg

RCAコネクタ側とケーブルのみ、仮に固定して半田付け。

この線は後でナットを固定してから基盤に半田つけ。

20160924033.jpg

これまたクリティカルポイント。RCAコネクタは、まし。

この後の電源ケーブルとヒューズコネクタが奥まった感じの大変な作業。

まー、今思うと、それはそれで、面白い。

20160924034.jpg

ヒューズホルダー部の半田付け。暗くて見えんね。

20160924036.jpg

電源スイッチとネオンランプの加工。 

一応、AC100V周りは収縮チューブを使用。

この写真は間違ってます。 後で、チューブもやり直しで大変な事に。

20160924037.jpg

ボリュームの半田付け。 写真暗いねー。

20160924038.jpg

シャーシ関連のパーツを実装して、再度、トロイダルコア電源トランスの実装。

20160924039.jpg

基盤と電源周りの配線と合体の感じを見る。

20160924040.jpg

基盤を裏返しで乗っける実装でよさそう。

20160924041.jpg

ACの電源周りの確認。 テスターACの電圧を測定して、ねじ止め。

20160924042.jpg

AC230Vの配線が余ってますが、後で調整しましょう。

20160924043.jpg

スイッチを入れてもネオンランプが光らず。 やっちまった。

20160924044.jpg

ACの入り口から見直し。配線やりなおし。トホホ。

20160924045.jpg

真空管無しで、各部の電圧を測定。

20160924046.jpg

では、いざ、真空管を刺して、電源をONするざんす。

20160924047.jpg

真空管が柔らかなオレンジ色を灯す。

特にハムノイズもなく問題なさそうだ。

20160924048.jpg

DJ用ヘッドホン、スカルキャンディのヘッドホンで視聴、エージング。

トロイダルコア電源トランス、トランスレスらしい、何とも真空管トーンというか、良い音。

WIMAのコンデンサも美音に貢献してるような気がする。


写真撮影日を参照すると、作り始めて3日かけてます。

あんまり早く作っても面白くないし。趣味だからゆっくり時間をかけて味わいながら自作するのが

贅沢の極みかな。


ただ、途中、久々の自作でトラブルが多発しただけとも言える。







nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

HT82V739ハイブリットアンプ、エージング中 [--HP-AMP-1]

2016010309.jpg

ラジオボーイさんのヘッドホンアンプキット HP-AMP-1に、ICパワーアンプを追加。

HT82V739のICアンプのゲインが高すぎて、ボリュームのイチがシビアで操作感が悪い。

数時間すると、発信するエラーも出ている。

そこで、入力場所に100kΩの抵抗をカマシタノダガ、効果がない?

そこで、更に100kΩに分圧抵抗1kΩを追加して、ほんの少しボリュームカーブが緩くなった。

でも、おかしいなぁー。もう、全然、下がっていいはずナンダガガガガガガ。

もうちょっと、エージングしながら、様子を見よう。

ついでに、右と左のLRが逆にハンダ付けされてて笑った。

ヘッドホンは左右OK 。 HT82V739の基盤で逆付け。ホホホ。


音自体は、ちょっとナロウな、狭い感じなんだけど、これはこれで、ジャズなり、合うのがあるので

中々、面白いICアンプ。



この真空管ヘッドホンアンプに色々なICアンプで、どんな音が出るか試して見よう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

HP-AMP-1 改 真空管アンプ + AB級ICアンプ = ハイブリッドアンプ [--HP-AMP-1]

2015122301.jpg

今、ちまたで流行しているハイブリッドですが、オーディオもハイブリッドブームでございます。

拙者も、流行にノリノリ、乗りまして、ハイブリッドアンプをコサエました。

前回、ラジオボーイさんのヘッドホンアンプキット HP-AMP-1に、ICパワーアンプを追加した格好です。

やっちまった事に、秋葉原、秋月製のペナペナ基盤、黒色基盤で自作してしまった為、ペナペナです。

プリアンプ+パワーアンプと行った口で、音は最高です。 激安ICアンプICとは思えない・・・

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02796/
低電圧1.2WオーディオアンプIC HT82V739 2.2~5.5V動作 2個入

ICの金額は、ビックりビックリ価格。

ステレオで100円。 ジャパネットタカタの社長もビックリだぜ。

2015122302.jpg

一応、音出しは、中々。 まーとにかく、これまた3ヶ月ぐらいはエージングしてみないと。

まーとにかく、1.2w ミニIC真空管アンプで音楽が聴けるのでありがたい。




速く、2A3のエレキットを修理しないと・・・とほほ・・・





to be continue 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Miles Davis Kind Of Blue - Stereo 24/192 [--HP-AMP-1]

2015121701.jpg


http://mora.jp/special/hirespriceoff_151201?cpid=TOP_PC_S_hirespriceoff_20151201&fmid=TOPMAINV01
ハイレゾ プライスOFFキャンペーン

http://mora.jp/package/43000001/4547366216264/
Kind Of Blue - Stereo 24/192 Miles Davis


夜な夜な、冬の夜長をジャズなマイルスデイビスを聴いてうっとり、ストレス解消。

'Round About Midnight がハイレゾになればなぁ~。この2枚だけでいいよ。

この真空管の音に癒される。 妙に生生しいのよねぇ~。

夜中だとAC100Vが安定してるのか、回りが静かなのか、やけに音がいいし。


まー、テクノもジャズも、何がっていうと、音がカッコイイって事かな。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - --HP-AMP-1 ブログトップ